2018.10.01 ニュース

トラックフェスタTOKYO2018で東京都貨物輸送評価制度をPRグリーン・エコプロジェクト『トップランナー優秀賞』表彰

平成30年9月23日に代々木公園(野外ステージ・イベント広場)で開催されたトラックフェスタTOKYO2018の環境エリアにおいて東ト協環境部は『グリーン・エコプロジェクト(GEP)』を紹介しました。 トラックフェスタ冒頭のオープニングセレモニーでは『トップランナー優秀賞』表彰が行われ、これまでGEPトップランナー賞を受賞し、さらに東京都「貨物輸送評価制度」を取得、継続的にエコドライブ活動を取り組む事業者の中から選定された、西町運送株式会社(北支部)の岩邉社長が浅井東ト協会長より表彰状を授与されました。その他、環境委員会の金原副委員長がエコドライブ『環境』宣言を行いました。 環境エリアに設けられた環境部テントでは、トラック協会やGEPの取組み・活動内容をパネル展示で紹介、また、同エリアに出展した東京都環境局テントでは、東京都「貨物輸送評価制度」についてPRしました。訪れた方にはクイズに参加していただき、GEPや評価制度グッズを配布しました。 また、同エリアの環境省テントでは、エコドライブを体験できるエコドライブシミュレーターを使った展示説明を行いました。 トラックフェスタTOKYO2018では、広く都民の方々にアピールできる内容を盛り込み、支部による飲食や物産販売などの出展、トラックメーカーによる大型トラックの展示、タイヤ・安全機器メーカーの商品展示・紹介、「子ども安全免許証」の発行や職業体験、警視庁協力による白バイ・パトカーの乗車体験など、多くの催し物で、幅広い年代の方が参加・楽しめる内容で東ト協の交通事故防止・環境対策や業界についてのPRを行いました。

参加はこちら参加はこちら

お問い合わせお問い合わせ

PAGE TOP