2016.08.25 ニュース

「全日本エコドライブチャンピオンシップ2016」の一般部門にグリーン・エコプロジェクト参加事業者から6チーム出場

8月22日に鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)において開催された「全日本エコドライブチャンピオンシップ2016」(主催:全日本学生自動車連盟、共催:環境省)の一般部門にグリーン・エコプロジェクトの参加事業者から選抜の6チームが出場しました。 競技は、"サーキットRound(プリウス)"、"チャレンジRound(フィット)"、"テクニカルRound(リーフ)"の3種目で、サーキット内などを走行して、速さだけでなく、タイムや燃費等をポイント化し、その合計ポイントで争う競技です。 競技成績は、クラス別での一般部門で、6位に商運サービスGEPチーム、7位にトラック足立グリーン・エコチーム、8位に東ト協文京GEPチームと3チームがトップテン入りを果たしました。 更に学生部門を含めた総合結果では、商運サービスチームが9位に入り健闘しました。今年から車種と計測の一部変更等もあってか、昨年総合優勝の東ト協足立支部GEPチームの2連覇は残念ながら成りませんでしたが、出場した全チームは猛暑の中、健闘し国際サーキットをゆっくりエコドライブして駆け抜けていきました。 なお、今回の総合優勝は、元F1レーサーの片山右京氏率いるチームYOKOHAMAでした。 また、競技終了後の参加者懇親会では参加した学生全員へトラック業界について紹介し、情報交換を行いました。 001 002 003 003-04

参加はこちら参加はこちら

お問い合わせお問い合わせ

PAGE TOP