グリーン・エコプロジェクト
TOP
グリーン・エコプロジェクトについて
活動内容
トピックス
参加会員事業者一覧
お問い合わせ

トピックス詳細

東京都、世界初の貨物運送事業者燃費評価制度を試行
~自動車からのCO2削減対策の“世界初”となる仕組み

 東京都は3月28日、自動車からのCO2削減対策の仕組みについて東京都トラック協会の全面協力による『グリーン・エコプロジェクト』の活動で収集した世界最大規模のデータを活用し、ベンチマークを設定。貨物運送事業者を評価する「貨物輸送評価制度」を平成24年度に試行的に実施し、平成25年度以降に本格施行することを発表しました。
 東京都はこの評価制度により、運送事業者によるCO2削減の取り組みを実走行燃費で評価する世界初の指標を開発し、評価を3段階で格付・公表。これにより荷主企業や消費者は、運送サービス利用の際に、一定の評価を得た事業者を選択するなど荷主の立場でCO2削減に貢献でき、運送事業者は継続的な努力による評価結果をアピールし、受注機会を拡大するなどさらなる取り組みが期待できるものです。
 対象は都内に物資を輸配送する貨物自動車運送事業者(いわゆる緑ナンバー)で、評価は「」~「」までの3ランクで評価します。なお、評価の申請には、車両1台毎の燃料給供給量と燃料供給毎に記録した1台ごとの走行距離に関する1年分の燃費管理記録が必要となります。
 平成24年度は、平成23年12月までの記録がある事業者向けに、評価の試行として、5月に申請要領の公表、6~7月に申請受付、8月に評価書の交付を予定しています。

 
 

〇東京都 報道発表資料(平成24年3月28日付)

 
 

▷過去の関連情報
○東京都 報道発表資料(平成23年12月9日)

 
 

●グリーン・エコプロジェクトホームページ トピックス記事(2011年12月12日)

 
 

TOPページへ戻る
Information
パンフレットダウンロード
GEPライブラリー
インセンティブ補助事業
会員ログイン
グリーン・エコプロジェクト事務局
一般社団法人東京都トラック協会(リンク集)
Information